2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
「競走」で思ったこと
昨夜ツイッターを眺めながらふとこんなふうにつぶやいたのですが、

そもそも幼稚園児の「徒競走」なんて競走の体をなしてないんだからどうやったっていいんじゃないかと思うんだけどな?


運動会などで「競争」させない(手をつないでゴール、とかですね)ことを、教育上やたらと問題視する言い方がよくあるだけれど、そもそも幼稚園や小学校低学年の徒競走が、競技的な意味での「競走」になりうるのか?お手てつないででも、バランバランでも、それこそ違う方にそれちゃう子が出てもおかしくないのでは?という思いつき的なつぶやきです。

でも、その後つらつらと考えていて、そもそも「教育」に「競争」って必要なの?というところに考えが至りました。「競争がないと意欲が生まれない」とか言われることもあるけど、ほんとにそうなのかなあ。

続きを読む

ちょっと違うんじゃないか、と思った話
学期末。何だか体調が悪い・・・という小学生。熱があるわけではないし、診察しても何かひっかかるわけでもない。心理的な原因?きっかけが何かあるのかな?・・・はっきり思い当たるふしはない・・・でも夕方寝てしまうというし、やはり疲れているのでは?

1日2日思い切って休んだら?と言うと、学校の先生が「休ませないで」と言う、と。

なんで??どうせもうすぐ休みなんだし、ここでちょっと欠席したからってどうということもないでしょうに。その理路がわからない・・・

そういえば先日新聞沙汰になった虐待の事件、子どもが2学期に長期欠席していたんでしたっけ。ひょっとしてそれが関係あるのかな?でも、虐待に気づく、ために、学校に来させろ、というのは成り立たないし、虐待へのとりくみ、というのなら、欠席者を見張るよりもっと効果的なことがあるはず。

子どもだって、疲れることはあるし、あんまり疲れていたら休息をとるのは当然のことでしょうに。なんか、違うんじゃないかなあ・・・と思ったことでした。
教材としてのじゃがいも
 学校で栽培したじゃがいもを食べて食中毒、というニュースが、最近になって毎年のように聞かれます。

 じゃがいもの芽の部分や青いところには「ソラニン」という毒がある、ということはよく知られていますし、学校でも家庭科で教えているはず。なのに、ソラニン中毒のニュースが減らないのはどういうわけなのかな?と思っていましたが・・・

 先日、とてもわかりやすい解説があったので、ご紹介します。

 STOP! じゃがいも食中毒

 詳しいことはリンク先を読んでいただきたいのですが、簡単に言えば、

続きを読む

「食育」ってどうなっているんだろう
 最近ネットで話題になっているのを見た、おかしな食育冊子。

 食の安全情報blogにも紹介されていますが。

 何しろ言っていることはめちゃくちゃです。例えば「肉を食べるとガンになる」みたいな。もちろん動物性脂肪の過剰な摂取と大腸ガンの増加とか、関連するものもあるけれど、肉食イコールがんの増加、なんていう単純な因果関係はもちろんありません。昔風の日本の食事(塩分多い・ごはんいっぱい)では胃ガンが多かったけれど、今の食生活では大腸ガンのほうが増えている、とか、そういう問題なのだし。要は偏りや摂りすぎがいけないということですよね。

続きを読む

学校でいい加減なことを教えないでほしい
 「関東地区公立小・中学校女性校長会」の研修会で、「水からの伝言」の著者の講演をやったそうです。(大阪大学菊池氏のブログより)。えええええ????いったい校長先生達はそこから何を学ばれたのでしょうか。

 「水からの伝言」と言えば典型的な「ニセ科学」。水に「良い言葉」(「ありがとう」とか)をかければ美しい結晶に、「悪い言葉」(「バカヤロー」とか)をかければ美しくない結晶になる・・・というシロモノです。そもそも無機質である水が、どうやって「ことば」を理解するのか??とか、「良い言葉」と「悪い言葉」がそんなに簡単に区分けできるのか??(嫌みをこめた「ありがとう」も愛情をこめた「ばかやろう」もあるわけで)とか、つっこみどころ満載の話です。
(詳しくは『水からの伝言』の基礎知識など)

続きを読む

センター試験・・・
これはあくまでもふっと思った、よもやま話的なことなんですが。

いよいよ「大学入試センター試験」ということで、毎年トラブルが続いている英語のリスニング試験について、テレビやら新聞やらでとりあげていました。
で、機器の不具合よりも取り扱いの間違いや本人の勘違いが多い、という話なんですが・・・

ホントに?とも思いますが、それはおいといて。

続きを読む

「障害児教育」の目的は「自立」じゃなかったの?
新設都立校、すべての普通教室に日の丸を常時掲示へ

けっこう、ギョッとするけれど、この「新設校」、実は障害児を対象とする養護学校だというから二度びっくり。以下記事の一部。

同養護学校は、04年度で閉校した都立永福高校跡地に設置。知的障害が軽い生徒が対象の高等部就業技術科がこの4月に開校し、09年度には肢体不自由教育部門の小学部?高等部が設置される予定になっている。

 都教委によると、国旗入りのプレートは30ある普通教室のすべてに設置された。「誠心誠意」という校訓の左に国旗、逆側に都のマークが描かれている。「組織への所属意識の醸成に必要な施設設備」として、学校予算で設けられたという。


続きを読む

そんなに急いでどこへ行く
今政府が提出している教育基本法改正案、14日にも参院で採決をめざす、と言われています。
何度も言うようですが、なんで今教育基本法を変えなきゃいけないのか。そして、どうしてそんなに急ぐのか。
世論調査でも、急いで今の国会で決める必要はない、という意見が大勢を占めているのに。

国会の特別委員会の参考人や地方公聴会の公述人として意見を述べた人たちが、徹底審議を求めるアピールを出しています。
http://www.fleic.dyndns.org/appeal1206/appeal1206.html

続きを読む

緊急提言、というけれど
昨日(11/29)付けのニュースです。
教育再生会議:いじめ問題への緊急提言

「指導する」とか「毅然と」とかいう言葉ばかりが浮き上がって見えるような文章です。
毅然とした態度で指導すれば「いじめ」はなくなる、のでしょうか?
・・・そうは思えません。

続きを読む

はじめっからやりなおすべきでは
忙しいうえにおむつの話題につっこんでしまって、ちょっと時間が経ってしまいましたが、あらためて、教育基本法について。

何故今これをかえなきゃいけないのか、そこのところがわからないと前に書きましたが、ますますその思いはつのってきます。

続きを読む

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー