2006/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
胃腸炎が目立つ
先週の前半は、小学校高学年の子どもの胃腸炎が突然のように多かった。
発熱、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢。似たような症状の子が、何人も。

その前から嘔吐下痢の子は多くなってきていたし、小中学生もぱらぱらいたけれど、このときは、わりに大きい子で、症状が目立つほどあるという人がまとまって来た。あれあれ?と思ったのだけれど、そんなに拡がらずに、すぐに終息してしまったみたい。

今はもう少し小さい子の胃腸炎が増えています。
あんまりひどい人はいないですけれどね。
教育再生って何ですか
前のエントリーで教育基本法を読みなおしてみて。
簡潔で格調高く、とくに古びた感じもない、と思いました。何故今これを変えなきゃならないのか、そこのところがわからない。

少なくとも、いじめの問題とか、最近話題になった、高校で必修科目を履修させてなかった問題とかとは、まるで関係がないでしょう。

続きを読む

教育基本法・メモ
今の教育基本法を変える、という案が、国会で審議されようとしています。

でも、教育基本法って、さてどういうものだったでしょう?・・・ということで、今さらながら読んでみました。
教育基本法は、前文と10条の条文・補則からなる、短い法律で、1947(昭22)年に制定されています。法律用語でかたい文章なので、まとめながら見てみます。(原文は末尾)

前文
先に確定した日本国憲法の理想は、民主的で文化的な国をつくって、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとすること。この実現は教育の力にまたねばならない。
教育の目標は、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成。普遍的でしかも個性豊かな文化の創造。
日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するために、この法律を制定する。

続きを読む

マイコプラズマ注意報?
マイコプラズマが流行っているようだ。
国立感染症情報センターのデータを見ても、夏ごろから、今年は1999年以来最多の報告数になっている。
地元の保育園・幼稚園などでも「流行っている」という話を漏れ聞くようになってきた。

マイコプラスマは、「市中肺炎」と言われる、一般の健康な人がかかる肺炎の原因としてはいちばんポピュラーな病原体だ。
「肺炎」というので怖がる人が多いわけだけれど、マイコプラズマ肺炎は、ふつうあまり重くならないことでも有名で、レントゲンで影があっても、入院などしないですむことのほうが多い。

続きを読む

命がけで行く場所じゃない
学校での「いじめ」を苦にしたこどもの自殺の報道が続いた。
生命を絶つに至った子のことを考えると、ほんとうに痛ましい。

多くのこどもは、たとえいじめにあっていても、学校へ行く。
行かなければこの世に自分の居場所がなくなる、と感じているからだ。
でも、学校なんて、命をかけてまで行き続けねばならない場所ではない。学校になんか行かなくたって、生きてはいけるし、居場所はつくれる。

続きを読む

44万人の声
6月に、リハビリテーション医療の打ち切りに反対する署名活動についての記事を書きました。

この署名は、署名活動開始後40日余りという短時日のうちに44万人を超え、6月30日に厚生労働省に提出されました。しかし、その後厚労省は「ナシのツブテ」だそうで、その間にも移行期間が過ぎ、実際にリハビリを打ち切られた、打ち切らざるを得なかった、という話が続々と出てきているようです。

続きを読む

嵐の日
今日は雨風ともに強く、ゆえに外来に来る患者さんは極端に少ない。ここ2週間くらいやけに忙しかったので、まあ、いい「中休み」ではあります。

しかし忙しいとブログもなかなか書けないし、暇なときに書き込むことになって、何だか逆に「いつもヒマなの?」という雰囲気になっちゃうなあ、とか、クダラナイことを考えてます。

なにしろ急に涼しくなってきたあたりからかぜが流行ってきたのは事実で、おたふくかぜも盛り返してきたし、溶連菌も学校や幼稚園から言われるくらいに増えているらしいし。

続きを読む