2007/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
4月は忙しい
例年4月は半ば過ぎから忙しくなります。

毎月の保健所での乳児健診に加え、「校医」の仕事である学校の健診、それにポリオの予防接種、と、外での仕事がめじろ押しなんですよね?。

それに加えて、今年は、最初の2週間くらいものすごくヒマだった、つまりあんまり何も流行していなかった反動のように、混みはじめているし。

続きを読む

溶連菌が増えてきた
溶連菌感染症が、まただいぶん流行してきたようです。今日もかなりの人数検査をして、しかも全員陽性。

熱が出て、のどが痛くて、ほかにかぜの症状があんまりなくて、のどが赤い・・・と、溶連菌を疑って検査をすることが多いのだけれど、ここまで陽性率が高いのも珍しい。
つまり、溶連菌とまぎらわしいような他のかぜは少なくて、溶連菌が多い、ってことなんでしょう。

続きを読む

救急病院は夜間外来ではありません
「クリニックだより」に書こうと思いつつ、なかなかまとまらないので、とりあえず概要。

4月になると、保育園や幼稚園に行きはじめる子が増えて、かぜをもらう機会が多くなる(で、ここのところまた外来が増加中)わけですが、
やはり「病気慣れ」していないというか、「熱が高い」というだけで朝まで待てずに救急病院に行っちゃう人、けっこういるんですよね。

翌日の外来でその話を聞いて、内心ひそかに思うのは、「B病院(もしくはJ病院)の当直の先生ごめんなさい」


続きを読む

やっぱりね。
昨日の午後から増えてきたなあと感じていた外来、今日はさらに増えました。と、言っても、混雑というにはほど遠いですが。

胃腸炎の子がかなり多いです。以前のエントリーで書いた予感が当たって、「やっぱりね」という感じ。

続きを読む

プール熱、なのかな?
先週は「ヒマだ?」と書きましたが、今週はやや外来が増えはじめました。全体数はあんまり多くないですが、高熱の子がけっこう目立ちます。眼が赤く、はなみずがひどく、プール熱?と思うような子がわりと多い。検査で出た子もいます。

プール熱はもともと「夏の病気」と言われていたんですが、このごろは真冬でも少なくないんですよね?。

続きを読む

えどがわ・水俣まつりのこと
築地市場移転問題について、昨日のエントリーで少し書きました。

この問題は、地域の友人知人たちと企画している「えどがわ・水俣まつり(仮称)」の準備会の席でも少し話題になったことがあって、それ以来気になっていたので、一度自分でも整理してみよう、という思いもあってのことです。

続きを読む

築地市場の移転は考えなおして
石原知事が三選されてしまった。
石原さんについては言いたいことはいろいろあるけれど、当面懸念されるのはこの問題。

築地市場を江東区豊洲に移転し、築地市場の後にオリンピックのメディア・センターにする、という構想。つまり、今のところ「オリンピック誘致」と「移転」がセットになっているんですね。

都知事選の中でひろく知られるようになってきたけれど、問題なのは、移転予定地の土壌汚染。

続きを読む

ヒマな中にも
今週はハッキリ言って、ヒマです。潰れちゃうんじゃないかと思うくらい。

まあ、3月いっぱい忙しかったので、骨休め、と思っていますが。ちょうど月初めで、レセプト(診療報酬請求明細書)の集計・印刷・確認作業をしなければならない時期なので、ちょうどいいと言えばちょうどいい。

続きを読む

「障害児教育」の目的は「自立」じゃなかったの?
新設都立校、すべての普通教室に日の丸を常時掲示へ

けっこう、ギョッとするけれど、この「新設校」、実は障害児を対象とする養護学校だというから二度びっくり。以下記事の一部。

同養護学校は、04年度で閉校した都立永福高校跡地に設置。知的障害が軽い生徒が対象の高等部就業技術科がこの4月に開校し、09年度には肢体不自由教育部門の小学部?高等部が設置される予定になっている。

 都教委によると、国旗入りのプレートは30ある普通教室のすべてに設置された。「誠心誠意」という校訓の左に国旗、逆側に都のマークが描かれている。「組織への所属意識の醸成に必要な施設設備」として、学校予算で設けられたという。


続きを読む