2008/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
11月の予定です
 先週までは妙にかぜ(特に胃腸炎)が流行ってるなあという感じだったんですが、週明け、ちょっと落ち着いているのかな。

 11月の予定です。ちょっと早いですが、連休もあるので。
 11月1日(土)は、休診とさせていただきます。
 11月11日(火)13日(木)18日(火)25日(火)は、乳児健診・学校健診に出張のため、午後の診療開始が遅れるかもしれません。
産科医療の危機
妊婦搬送7病院が拒否、出産後に死亡 東京(新聞記事につきリンク切れするかも)

出産間近で脳内出血の症状が見られた東京都内の女性(36)が7病院から受け入れを断られ、出産後に死亡していたことがわかった。手術を受けた病院に到着するまで約1時間15分かかっており、東京都は詳しい経緯を調べている。

 都によると、女性は今月4日、頭痛などの体調不良を訴え、江東区のかかりつけの産婦人科医院に救急車で運ばれた。かかりつけ医は脳内出血の疑いがあると診断し、午後7時ごろから電話で緊急手術ができる病院を探した。しかし、都立墨東病院(墨田区)など7病院から「当直医が他の患者の対応中」「空きベッドがない」などと次々に断られたという。

 かかりつけ医が午後7時45分ごろ、改めて都立墨東病院に電話したところ、受け入れ可能になったという返事が来たため、同病院に搬送。午後8時18分に到着した女性は帝王切開で出産し、脳内出血の血腫を取り除く手術も受けたが、3日後の7日に脳内出血のため死亡した。赤ちゃんの健康状態には問題がないという。

続きを読む

Child Friendly Cityへ
 さて、子どもの声を聴くチャイルドライン活動をひとつの軸に、地域での「子どもの権利」を考えていこうとしている「江戸川子どもおんぶず」。その目標とするところは、"Child Friendly City"。

 これ、なかなかいい日本語訳がないんですよね。「子どもにやさしいまち」じゃ、曖昧だしなんだか何かのCMみたいだし。"~ friendly"には、「?にとってやさしい、親切な」という以外に「?にとって使いやすい」という意味もある。今流行のことばを使えば、子どもにとってのバリアフリー、ということでもあるわけです。それを、ひとことであらわすような、いい日本語表現がないものでしょうか。

続きを読む

「神」からの自由へ
 「守り人」シリーズ、『神の守り人』の第2部・「帰還編」。

02962709.jpg

 以下は感想です。

続きを読む

10月の予定
ちょっと遅くなってしまった(汗)
10月の予定です。

9日(木)14日(火)21日(火)は乳児健診に出張のため、また28日(火)はポリオ予防接種に出張のため、午後の診療開始が遅くなる可能性があります。

申し訳ありませんがご了承下さい。
これといって・・・
 9月のブログを振り返ったら、「診療」カテゴリの記事がないのに気づきました。

 実際、「これが流行してる!」という実感に乏しかったのが9月。まあ、8月中のように患者さんの数そのものが少ないというわけではないのですが、胃腸炎が少し目立った程度で、あとはいろんなかぜ、溶連菌とプール熱が少し、たまにまだ手足口病やヘルパンギーナの子も、という感じで、まあバラツキが多かったと言うべきか。

 台風が来たりして、喘息の発作が起きている人は少し増えてきていますが、今のところ、何かの病気がすごく多い、ということではないかなあ・・・。まあ、吐いたり下痢したりという人は少し増えているかも、ですが。
「食育」ってどうなっているんだろう
 最近ネットで話題になっているのを見た、おかしな食育冊子。

 食の安全情報blogにも紹介されていますが。

 何しろ言っていることはめちゃくちゃです。例えば「肉を食べるとガンになる」みたいな。もちろん動物性脂肪の過剰な摂取と大腸ガンの増加とか、関連するものもあるけれど、肉食イコールがんの増加、なんていう単純な因果関係はもちろんありません。昔風の日本の食事(塩分多い・ごはんいっぱい)では胃ガンが多かったけれど、今の食生活では大腸ガンのほうが増えている、とか、そういう問題なのだし。要は偏りや摂りすぎがいけないということですよね。

続きを読む