2009/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
6月の予定
 早くも5月も終わりが近づきました。
 6月の予定です。

 6月13日(土)は、休診とさせていただきます。
 11日(木)16日(火)23日(火)は、学校健診・乳児健診に出張のため、午後の診療開始が遅れる可能性があります。
ピークを越えつつある、のか?
 何だか毎回インフルエンザの話ばっかりだなあ。

 関西での「新型」流行は、新規患者の発生はピークを越えたかな?というところみたいです。一方関東では、まだどんどん増える、というふうでもないようです。

 もちろん、すべてのA型インフルエンザの人に対してPCR(遺伝子の検査)が行われているわけではないですし、そもそも症状の軽い人は医療機関にも行かなかったり、インフルエンザと思われなかったりする場合もありえますから、「見逃されている」「季節性のインフルエンザとして扱われている」という可能性はあるわけですが、関西の学校で広がったように集団発生すれば、当然検査でひっかかってくるはずなので、やはりさほど爆発的に広がっているということはないのではないかとも思えます。

続きを読む

手洗い・マスク
 さて、「新型インフルエンザ」といえども、症状はほぼ通常のインフルエンザと同じ、感染のしかたも同じ(飛沫感染)であることは明らかになってきています。とすれば予防方法も同じ。ということで、まとめてみます。

 まず「手洗い」。最近はテレビなどでもよく放送していますが、わかりやすい(覚えやすい)のはこれかな?



 これだけだと「意味」がわからないですが、要は、

続きを読む

1957
新型インフル、57年以前生まれには免疫? CDC見解

【ワシントン=勝田敏彦】新型の豚インフルエンザの感染者に若い人が多いのは、1957年より前に生まれた人の一部には免疫があるためらしい。そんな見方を、米疾病対策センター(CDC)インフルエンザ対策部門のジャーニガン副部長が20日、会見で明らかにした。


 へえええ・・・というニュースでしたが、元ネタ(?)のCDCのレポートが21日付けでサイトに載っていました。

続きを読む

「あなたが知るべきこと 」
 「H1N1 ’豚インフルエンザ’ : あなたが知るべきこと 」
 ニューヨーク市保健精神衛生局 の広報パンフレット。何と日本語バージョンです。このあたりアメリカはすごいですね。内容もよくまとまっていると思います。

 http://www.nyc.gov/html/doh/downloads/pdf/cd/h1n1_flu_basic_faq-ja.pdf

 こういうものを読むと、日本では「騒ぎすぎ」だと言われてもしかたがないかなと。

首都圏でも新型インフルエンザ
 昨夜、首都圏でも新型インフルエンザの患者発生が確認されたとのニュースが流れました。アメリカから帰国直後の方々であり、関西での流行とは別ルートということになります。

 そもそも関西であれだけ広がっているのに、1週間近くたって首都圏への波及もなく、周辺の府県への波及も滋賀県の1件だけ、というのがちょっと不思議な気もします。検査がおいついていないだけなのかもしれませんが。

 一方区内ではまだ通常のインフルエンザ(どうやらA香港型らしい)がぽちぽち出ていて、まぎらわしい状況ではあります。一方迅速診断用のキットはほとんど出回らなくなっていて、簡易検査も難しくなりつつあります。結局は「臨床症状で判断する」という、迅速診断キットが発売される以前のような態勢に戻らざるをえないかもしれません。

やはり
 神戸の高校生、「新型インフルエンザ」と確定しましたね。この人は海外渡航歴がありませんから、この人自身が「二次感染」患者ということになります。つまりはすでにかなり拡がっていて、症状は軽いか表に出ていない人も多数いるだろう、と考えたほうがいいようです。

 そういう意味では、毎年流行する「季節性インフルエンザ」とさほどかわりはない、ということになります。

 ただし、みんな抗体はないわけなので、症状が出る人も多く拡がりも大きいと思われます。こういうときは、人込みは避ける、きちんとした手洗いを頻繁に行う、といったことも必要でしょうし、体調が悪いからとすぐに医療機関にかけこむことは、かえって逆効果の場合もあります。もしも「新型」であってもその場では判断できませんし、待合室で感染を拡げるのは必至。そうでないとしても、ただでさえ体調が悪いところに、わざわざ出向いた医療機関でインフルエンザをもらってくることもありえます。

 とくに、今回の「新型」は、ふだん元気な人が重症になるようなものではないようですから、この機会に、医療機関は実は「病気の人が集まる場所」でもある、ということを、再認識していただいたほうがいいのではないかとも思います。

 少なくとも、「新型」かな?と不安になったら、まずは自治体や厚労省の電話相談に連絡していただくことをお勧めします。
国内発生?
 朝のニュースを見てびっくり。神戸の高校生が新型インフルエンザの可能性・・・と。

 海外に行っていたわけでもないようで、そもそもどうしてこの人の検体を遺伝子検査にまわすことになったのかな?というのが、ちょっと不思議です。

 まだ、不確実な要素があるようで、正確には国立感染症研究所の検査結果を待たねばならないようですが。

続きを読む

ストリートビュー
Google Mapのストリートビューでクリニックを出してみた。


大きな地図で見る

続きを読む

せんとくん
 今さらですが・・・
 4月下旬、小児科学会に参加するべく(というか、最新の情報を勉強するべく)奈良まで行ってきました。

 奈良と言えば平城京遷都1300年、なわけですが。

 DSC_0001.jpg

続きを読む

5月の予定
 連休も終わりました。5月の予定です。

 12日(火)・14日(木)・19日(火)は、健診に出張のため、午後の診療開始が遅れる可能性があります。
そして新たな出発
 『守り人』シリーズ最終章最終巻、長く紡がれてきた物語も終局を迎えます。『天と地の守り人』第3部。

03071556.jpg

 以下は感想です。



続きを読む