2011/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
放射能が心配な保護者の方のためのリンク(2)【3/26追記あり】
【3/26夜追記あり】

昨日(3/22)、東京都の金町浄水場の水から、乳児の暫定基準値を超える放射性ヨウ素が検出された、というニュースが流れ、早くも水の買い占めなども起きているようです。東京都は、1歳未満のお子さんを対象にミネラルウオーターの配布も始めました。

【追記3/24】3月24日の検査で放射性ヨウ素の値が下がり、いったんは安心できる状況となりました。しかし、原発の状態が落ち着かない限り、今後も風向きや雨によって再度上がる可能性はあると思われます。

とりあえず参考になると思われるリンクをはっておきます。随時追加するかもしれません。
なお、粉ミルクを溶かすのに市販の水を使う場合は、必ず「硬度」の低いもの(軟水)をお使いください。日本のものはほとんどが軟水ですが、一部のものや海外のミネラルウォーターには、ミネラルの高い「硬水」があります。これを使うと、赤ちゃんの内蔵に負担となり、下痢や腎障害を起こすおそれがあります。

【追記3/26】小児科学会・周産期新生児医学会・未熟児新生児学会が合同見解を出しました。この下にリンクを張りますが、小さい子どもにとっては、水分摂取の不足はただちに健康を脅かすものになります。何十年もたって出てくるかもしれない病気よりも、今健康を脅かすもののほうが重大です。優先順位をまちがえないようにお願いします。

「食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値 100Bq/キログラムを超過する濃 度の放射性ヨウ素が測定された水道水摂取」に関する、日本小児科学会、 日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会の共同見解【PDF】

放射性ヨウ素のわかりやすいまとめ?東京の水道水が不安な乳児持ちママさんへ?
自身も子育て中の放射線科女性医師のツイートまとめ。

妊娠されている方、子どもを持つご家族の方へ?水道水の健康影響について?(2011/3/24)
日本医学放射線学会の解説

水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内【PDF】
日本産科婦人科学会から。ちょっと言葉遣いが難しいところもありますが。
まずは節電
東京電力の「計画停電」は、原発のみならず多くの火力発電所も被災し全体の発電能力が落ちたため。首都圏の電力消費はこれまで非常に大きかったので、その分がまかなえないわけですね。そして大災害を起こしいまだ予断を許さない状況の福島第一原子力発電所で作られた電気を使っていたのは地元福島の人たちではなくやはり首都圏。

と、いうわけで、「今、できること」のひとつが節電です。

電気は基本的にためることができないので、突然の停電を防ぐためには、ピーク時の電力消費をおさえることが大切。

さらに、生活全体を省エネに切り替えていくことは、「大量に電力を使う生活」からの脱却という次のステップとして大切。

とりあえす今の指標として、東京電力がエリア内の電力使用状況グラフを公開し始めました。参考になります。
http://www.tepco.co.jp/forecast/index-j.html
放射能のことで心配な保護者の方のためのリンク
【注意:ここに書くのはあくまでも東京周辺を想定してのものです/随時追記します】
【3/22追記しました】

原子力発電所の事故がなかなか収拾されず、周囲への放射線の拡がりから、放射性物質(ヨウ素131とセシウム137)の拡散も報じられています。福島第一原発から約200kmの距離にある東京でも、不安になっている人も多いようです。

私は専門家ではありませんので、前のエントリと同様、わかりやすく信頼度の高いと思われるサイトへのリンクを以下に記しますが、まず、ひとつ、私にも言えることを。

「放射能を中和する」食品として、梅干、味噌、醤油、昆布、玄米などを推奨する向きがあるそうで、実際スーパーなどでもこれらが売れているように見うけられます。昆布やワカメなどの海藻類を毎日適切な量食べることは、甲状腺に必要なヨウ素を供給することで、放射性ヨウ素が入り込むことを邪魔してくれる可能性はあると思いますが、他の食品については、効果はまったく期待できません。若くて健康な人では問題も起きないでしょうが、血圧の高い人が塩分の多いものをとりすぎることはかえって危険です!

以下、リンク集です。

粂和彦のメモログ(熊本大学医学部・粂先生のブログ)
震災支援:ヨウ素について(追記あり)
放射性ヨウ素による汚染が健康にどういう影響を及ぼすか、とその対策についてわかりやすく説明されています。

福島原子力発電所Q&A
日本放射線影響学会有志によるQ&A。質問を受けて随時更新されています。

放射能漏れに対する個人対策 【3/22追加】
スウェーデン国立スペース物理研究所・山内正敏先生による、具体的な行動のめやす。

日本産科婦人科学会「福島原発事故による放射線被曝について心配しておられる妊娠・授乳中女 性へのご案内(特に母乳とヨウ化カリウムについて)」(PDF)

放射線医学総合研究所(放射線被ばく量の測定などを行っているところ)
汚染された場合の除染の方法などを含めて説明があります。随時追加されています。

東大病院放射線治療チーム@team_nakagawaのツイート
ツイッターなので140字ずつですが、状況に応じて説明が追加されていっています。

なお、東京の環境放射線量は以下で見ることができます(新宿です)。1時間ごとに更新されています。
東京都健康安全センター
環境放射線量測定結果(最新データ)

【以下はやや専門的な内容も含まれますが、ここに置いておきます(3/22)】

続きを読む

地震の後不安になっているお子さんと保護者のためのリンク【3/21追記】
東北から関東にかけて広い範囲を襲った大地震から1週間になろうとしています。さらに、福島第一原発の事故は危機的な状況が続いています。余震や、関連する地震も相次ぎ、衝撃的なTV映像も繰り返し流されるため、不安になっているお子さんも見うけます。

私自身はそうした分野の専門家ではありませんが、ネット上で役に立つと思った記事がいくつかありますので、以下にリンクを張っておきます(被災地ではない、具体的には東京周辺を念頭においています)。随時追加もしていきたいと思います。(3/21追加しました)

こころの小枝・こどものメンタルヘルス案内所(児童精神科のドクターのサイトです)
「こどもたちと地震報道」
「こどもを守る、自分を守る」
「地震のせい、それとも・・・?」

以下は被災者用ですが、直接の被災地でなくても役立つと思います

文部科学省
子どもの心のケアのための(PTSDの理解とその予防)保護者向けリーフレット

JJSPP災害用共有ファイル
「被災した子どもさんの保護者の方へ」(pdf)
「赤ちゃんがいらっしゃる方・赤ちゃんを預かる保育士の方へ」(pdf)(2歳くらいのお子さんについても参考になります)

子どもに災害をどう伝えるか Communicating Disaster to Children
シュタイナーは微妙なところもあるのですがこれはいいと思います。
停電および関連のこと
昨日区役所から医師会を通じて入って連絡によりますと、江戸川区は18日までの停電区域には入っていないが、その後は入る可能性があるとのことです。電力需要が下がる土日は停電にならないと思いますので、とりあえず今週は通常どおり診療ができそうです。来週以降については東京電力の発表を待ちます。

なお、交通の混乱により、検査キットなどの入荷が遅れることが出てきています。インフルエンザの迅速検査に関しては、治療上必要な方に限らせていただきます。溶連菌については今のところ十分な在庫があります。

「学校や幼稚園保育園で検査を受けるように言われた」方々→迅速検査は万能ではありません。医師の臨床診断で証明書を発行することも可能です。「キットがないのでできないと言われた」とおっしゃっていただければ園や学校も納得すると思います。

発熱後12時間を経過していない方は陽性率が低く、また48時間以上経過している方は抗ウイルス薬を使っても使わないのと同じ効果になりますので、原則として検査は行いません。ご了解いただけるようお願いいたします。
【緊急】予測される停電に際して
報道されているとおり、大地震の影響により、計画停電が実施される予定です。江戸川区は今日の停電範囲には入っておらず、また今日の日中は実際の停電は回避されていますが、今後、当院のある地域での停電がある可能性は高いと考えています。

停電が起きた場合、当院には自家発電装置がありませんので、やむをえず休診させていただくか、診療時間を変更させていただきます。停電でも診療を続けられる医療機関については、わかりしだいここでもお知らせいたします。
ふたたびHPVワクチン、HIb・小児用肺炎球菌ワクチンの接種について
1.HPVワクチンについて

先にもお知らせしましたように、HPVワクチン(いわゆる子宮頸がん予防ワクチン、商品名サーバリックス)は、品薄のため予定通りの入荷がありません。ただし、まったく製品がないというわけではなく、遅れながらの入荷となります。これに伴い、当院では以下のようにお願いしております。

*すでに日時の予約をお受けしている方:ご予約日より若干遅れることになります。ワクチン入荷のめどが立ち次第、順次ご連絡して接種日時を決めさせていただきます。

*当院で2回目まで接種が済んでおり、これから3回目の予約をなさる方:予約お申し込みは受けさせていただきます。これをもとに発注し、ワクチン入荷のめどが立ち次第ご連絡いたします。

*新たに接種を始められる方、当院での接種が初めての方:しばらくの間ご予約はお受けできません。

なお、接種時期については多少間隔が開いても効果がなくなることはありません。

続きを読む

Hibワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの接種見合わせについて
報道されているとおり、小児用肺炎球菌ワクチンと他のワクチン(Hibワクチン、DPT三種混合ワクチン)を同時に接種したお子さんが翌日?数日後に突然亡くなる、ということが4件続いて報告されました。ワクチン接種との因果関係は今のところわかっていませんが、厚生労働省は小児用肺炎球菌ワクチンとHibワクチンの接種をいったん見合わせることを決めました。

当院でもこれにしたがい、Hibワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの接種はいったん中止いたします。

なお、HIbワクチンや小児用肺炎球菌ワクチンの意義や、今回の事態についてどう考えていくか、についてはTwitterで詳しく述べられたドクターのつぶやきのまとめ(質疑応答含む)がありますので、ご参照ください。

【ヒブ・プレベナーで4児死亡の件について,一医師からのメッセージ】

よくあるご質問

Q1.同じロットのワクチンを先日接種したのですが、心配ないでしょうか?

A.今のところ、ワクチン接種と死亡の因果関係は、はっきりわかっていません。また、仮にワクチンの影響だとすれば、何日も経ってから急に具合が悪くなるということは考えにくいです。今回、亡くなったお子さん4人のうち3人は翌日、もうひとりは3日後に急変しており、接種から日にちが経っていればまず心配はないと考えていいと思います。もちろん、発熱など心配な症状があれば医療機関を受診なさってください。


続きを読む

HPVワクチン(いわゆる子宮頸がん予防ワクチン)について
HPVワクチン(商品名サーバリックス)が、現在品薄になっており予定通り納品できないという連絡がありました。来週中にはメーカーからもう少し詳しい情報が入るはずですが、当面、新規のご予約受付は中止いたします。

これまでに予約いただいた方については、ワクチンが入荷次第、順次接種いたしますが、予定より遅れる可能性が高いことをご了解ください。
母乳とミルク
以前にもこのようなテーマで書いたことはあると思うのですが、最近ツイッターで産科や小児科のドクターとの交流が増え、そのなかであらためてうーんと思ったので、再度書いてみます。

母乳が赤ちゃんにとってたいへん優れた食物であること、それを否定する医師はいません。粉ミルクは様々な改良が加えられているとはいえ、母乳の持つ免疫能を肩代わりすることはできません。調乳の手間もかかり、衛生にも気を使わねばなりません。また、今一般に思われている以上に多くのお母さんは、おそらく母乳だけで離乳完了までいけるはずで、「足りないかも」という不安から、ほんとうは必要ないのにミルクを足している人は少なくない、というのも事実だと思います。

けれども一方で、やはり母乳だけでは足りない、という場合はある。そこを見誤ると、赤ちゃんの健康に直接に被害が及びます。

続きを読む

3月の予定
3月になりました。今月の予定です。

3月15日(火)は、乳児健診に出張のため、午後の診療開始が遅れるかもしれません。
3月22日(火)は、休診とさせていただきます。