2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
苦肉の策・・・
ついにここまで来たか、というニュース。

時間外救急:軽症者から8400円特別徴収…埼玉医大計画

埼玉医科大総合医療センター(埼玉県川越市)が、夜間・休日の軽症救急患者に対し、時間外特別徴収金として、8400円を自己負担してもらう計画を進めていることが10日分かった。


引用つづき

従来は健康保険から徴収していた時間外料金を全額患者の自己負担にかえ、受診者数を抑える狙い。軽症患者急増で診療体制が維持できないことが背景にあるという。専門医は「救急では聞いたことのない制度。必要な医療を受けられない恐れもある」と批判している。

 同センターによると、時間外の救急患者は94年に年間約1万人だったが、06年は約4万人に増加した。診療体制がパンク寸前になったため、軽症の受診者数を減らす方法を模索。その結果、紹介状がなく、入院を必要としない患者に対し、特別料金の徴収で負担を増やし、受診者数を絞ることにした。既に張り紙などで周知を始めている。


つづきはこちら

埼玉医大には知人もいて、その忙しさは話に聞いてはいたのですが、年間4万人って・・・一晩100人以上。そりゃあいかに大病院といえどもパンクするでしょう。うちわけはほとんど小児科と外科と内科なんだろうし。

本来望ましい方法ではないとは思うけれど、現状ではほかに打開策がない、という、まさに苦肉の策なのでは。結局、人口が増えていて病院の少ない地域から問題が顕在化したということなんでしょう。あんまり上から見て批判するのはどうかなあ・・・と思うのでした。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー