2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リハビリテーション医療の打ち切りに反対する署名活動
この4月の診療報酬改訂については本体ブログでもちょこっと触れてきましたが、小児科(小児内科)の領域については、まあ「わかりにくくなった」部分は多々あれど、大問題ということは当面ないようです(そのうち直面するのかもしれないけど)。

しかし、激震が走っているのが、たとえばリハビリテーション医療。

http://www.craseed.net/より引用

今年4月から疾患別にリハビリの日数制限が設けられ、最大180日でリハビリ医療が打ち切られることになりました。あなた自身、ご家族、お友達が骨折や脳卒中になったとき、リハビリが必要であっても、日数だけで機械的に打ち切られるという、とても理不尽な制度です。NHKスペシャル『脳梗塞からの再生』で紹介された多田富雄さんを筆頭に、私達呼びかけ人一同はこの制度に反対し、日数制限撤廃を厚生労働省に対して要望します。


と、いうわけで、署名運動が行われていることを知りました。
180日(半年)を越えても、徐々に機能が回復することはありますし、回復した機能を維持するためのリハビリも必要です。そういう患者さんを、保険医療から「切り捨てる」というのは、何とも理不尽というしかありません。

人は障害を得たらごく早期に回復しない限り医療から見捨てられるのか?

この問題は、そういう問いを投げかけています。
書名用紙のダウンロードもできます。ご協力を。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。