2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほのぼの番外編
最近テレビドラマ化もされ、おそらくそれでさらに知名度も増したらしい「しゃばけ」シリーズ。(ところで続きもやるんでしょうか?)
その4冊目が文庫化されました。

畠中恵「おまけのこ」

20071207_442368.jpg


以下は感想です。
「しゃばけ」シリーズ第4弾がやっと文庫化された。今回は屏風のぞき、鳴家というレギュラー脇役が主役をはる話とか、佐助・仁吉がやってくるより以前の、主人公・一太郎が子どものころのエピソードとか、「番外編」的色合いが濃い。

まあ、第1作「しゃばけ」は長編だったがその後は連作短編で、あちらに寄り道したりこちらに寄り道したり、一貫したストーリーというものがあるようなないような話なので、今回だけが「番外」とは言えないのではあるけれど、一太郎の腹違いの兄・松之介はどうなっているのかとか、幼なじみ栄吉の菓子作りの腕は上がるのかとか、一太郎自身は店を継げるのかとか、まあ本筋にかかわる話が一切ないのが、「番外」感を強める原因なのだろう(もっとも、一太郎が初めて吉原に行くというのはあるが)。

第一話に登場する「狐者異」の、妖しからさえも孤立する姿が、これまでの登場人物、じゃない登場妖怪にはないキャラクターで、印象に残る。

一方鳴家はだんだんマスコットキャラになってきたみたいである。

と、いうわけで、肩の力を抜きたいときにはぴったりの一冊。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。