2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
インフルエンザを上回る胃腸炎
今週は忙しくて、ブログを書く暇もありませんでした。
今日でようやくひと息。とはいえあいかわらず診療は忙しいです。

インフルエンザはさほど増えず、むしろ今日なんかは胃腸炎のほうがずっと多いな、という感じ。それほどひどい症状の人はいませんが。
今流行しているのはやはりノロウイルスのようです。ノロウイルスは幅広い年齢層の人が感染するのが特徴ですが、ロタウイルスに比べると重症化はしにくいと言われています。昨冬は大流行しましたが、今年は昨年に比べてもわりに軽めの人が多いと思っています。

ノロウイルスに限らず、胃腸炎のウイルスは吐いたものと便とに出てきますから、これらの始末をした後は、よくよく手を洗うことが、感染防止になります。使い捨ての手袋を使う、というのも有効ですが、ゴミがふえちゃうのが難ですね。

嘔吐が激しいときはちょっとおなかを休めて、おさまってきたところをみはからって少しずつ水分をとるようにしてください。のどが渇いているからとか、脱水が心配だからと、いっぺんにたくさん飲むと、だいたい吐いてしまいますから、最初はほんとにひとくちずつ、そのかわり頻繁に飲ませます。氷をなめる、なんていうのでもいいのです。だんだんに飲む量を増やしていって、ある程度飲んでも吐かなくなり、食欲が出てきたら食事を開始します。

水分としては、「水だけ」よりは塩分・糖分が加わったもののほうがよく、乳幼児用のイオン飲料が簡単です。治療用としては「ソリタ顆粒」など、イオン飲料よりももう少しナトリウムの多いものが処方されることもあります。

食事については、かつては下痢のときは絶食とかお粥だけ、とされていましたが、それではかえって腸のはたらきの回復が遅くなるということがわかってきました。それで、食べられるようになったら(嘔吐がおさまって食欲が出てきたら)なるべく早く普通の食事を再開しよう、ということになってきています。ごはんやうどん、脂肪分の少ないパン、野菜やあまり脂っこくない肉・魚などで、食べ慣れたものを開始していきます。ただし量は少なめから始めたほうがいいでしょう。

甘味の強いもの、脂肪の多いもの、刺激物などは、ある程度回復してくるまで避けたほうが無難なようです。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー