2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
掟破り(?)のSF/ミステリ
西澤保彦というステリ作家は、かなり作品のテイストに幅のある作家ですが、第一に挙げられるのは、ほとんどコジツケ的なSF的仕掛けのミステリ作品群でしょう。

その中で「超能力」を軸にシリーズ化されているのが「神麻嗣子の超能力事件簿」シリーズ、またの名を「チョーモンイン」シリーズです。

新たに文庫化された「生贄を抱く夜」

02949305.jpg


以下は感想です。
「チョーモンイン」シリーズの短編集。2004年刊行のものの文庫化。このシリーズ、長編のみならず短編集でも本筋の展開がみられるのだが、今回は明らかに「番外編」。

シリーズキャラクターのミステリ作家・保科匡緒や警視庁警部・能解匡緒もちょっとしか顔を出さないし、保科の前妻・遅塚聡子なんか話に登場するだけ。神麻嗣子ですら「脇役」的にしか登場しない。レギュラーではない登場人物の視点で書かれたものが主体(これは後書きで作者自身が触れている)の作品集なのだ。

本編ではストーカー的人物まで登場ししだいに不気味さを強める展開になっているが、これはわりと軽めの(でも皮肉は効いているが)、言わば「中休み」的作品とも言える。

中では最後の「情熱と無駄の間」(これも人を食ったタイトルだ)が、登場人物は座って食べているだけなのにスラップスティック的で、バツグンにオカシイ。

楽しめました。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

西澤センセには
番外編書いてないで、はやくシリーズの本筋に戻ってほしいんですが。ところでチョーモンインシリーズ、毎回文庫のカバーのイラストがかわいくて好きなのですが、ノベルスのときとは水玉さんのタッチが違う?
ほんと、実はこの後あらためて「幻惑密室」から全部読んでたんですが、本編の展開はどうなるんじゃ~?!と思いますね。思わせぶりな伏線はいろいろあるのだが。

しかしカバーの嗣子ちゃん、カワイイですよね。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。