2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医者になる動機
何故医者になったのか?どうして医者をめざしたのか?と問われることが、今でも時々あります。最近の医学部の入試は面接と小論文のあるところがほとんどですから、今の医学生はみんな試験の時に同じことを訊かれているのかもしれないな、と思います。

でも、この問いにはっきりと理路整然とした答えができる人は、実はまれなのではないか、と思います。というか、おそらく、過去に自分か家族が大病をして、医療機関と深くかかわった経験がある、という人くらいではないでしょうか。
あと、わりと明確な理由は「親が医者だから」というもので、これには良く言われるような「親が開業医で後を継ぐため」というのももちろんありますが、早くから職業のイメージをつかみやすい、ということのほうが大きいように思います。逆に言えば、親が医者じゃないのに医者になろうとする人の動機って、ほとんどが曖昧です。

私たちのころは、『ブラック・ジャック』を読んで医者になりたいと思った、という学生がけっこういました。今だと『医龍』とか『Dr.コトー』とかになるのでしょうか。安易といえば安易ですが、結局はその職業についてある程度想像がつくことが「動機」に結びつきやすいのだろうと思います。

私自身はあんまり『ブラック・ジャック』にひっぱられたとは思っていませんが、まず「理系」という前提があって、そこで職業のイメージをいちばん持ちやすかったのが医療関係で(けっこう小さいときには医者通いが多かったせいでしょうか)、というのはありました。それは、たぶん、受かるという見込みがなかったらさっさと志望を変更していただろう、その程度のものでした。

『動物のお医者さん』が流行ったころには獣医志望の学生が増えたといいますし、今は漫画でも小説でも実に様々な職業が描かれていますから、今だったら、全然異る分野を選んだかもしれません。そう考えると偶然というのはなかなかおそろしいものです。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

私が獣医師になった頃は、動物のお医者さんの時代より前ですが、女子学生は動物が好きだからという人が多く、男子学生は親が獣医師であるとか、理系だったからという人が多かったような気がします。そういってしまうと不順な感じですが、男の子が動物が好きって素直に言えない部分はあったと思います。医師を目指す方は、優秀だったから、小児科医を目指す方はその上、子どもが好きだからという方が多いのでしょうか?小さい子を持つ親として勝手にそう思っていたいです。
IONさま、コメントありがとうございます。

社会経験の少ない高校生の進路選択では、大きな理想や使命感よりも、その職業についてどれくらい具体的なイメージがあるか、がけっこう大きな要素なのではないかなと思った次第です。私の先輩でも「何となく医者になった」という人がとても優れた小児科医であったりします。

一方医師が専門分野を決めるのは医師免許をとった後(正確には、私たちの頃は研修先を決める専門課程4年めのころ、今は逆に初期研修を終えた後で医者になって2年めでしょうが)なので、「医師としてどの科を選ぶか」はかなりみんな現実味をもって(臨床実習なども行った後ですし)考えていると思います。やはり子どもが好きでないと小児科は選ばないでしょうね。他科の医師で、子どもの泣き声が我慢できない!という人がいて、へぇ~と思ったこともあります。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。