2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
本当は怖いコージー・ミステリ
「コージー・ミステリ」と呼ばれるミステリの一分野があります。身近な人間関係の中で起きる事件(ときとしてごく小さな)を扱うミステリ、と言えばいいでしょうか。

しかし実はコージー・ミステリってかなり意地悪で、怖い、と思います。
そしてさらにその枠もちょっとはみだしてるかも、と思わせる作家、米澤穂信。これもそのひとつ。

「犬はどこだ」

02971503.jpg


ほんと、「犬」はどこだ?なんですが・・・以下は感想です。
25才の青年・紺屋長一郎。成績優秀で地元の高校大学を出て東京の銀行に就職したはいいが、得体のしれないアレルギー症状にとりつかれて退職。故郷に戻り、始めた仕事が「犬探し専門の調査探偵事務所」。

それって需要あるのかよ、と言いたくなるような話だが、看板を揚げた途端に舞い込んだ依頼は、失踪した女性の捜索と、地元の神社に伝わる古文書の解読。

それぞれにまるで性質の違う、しかも最初の意図とまったく違う依頼を断るに断れずに、関わってしまう主人公。そこに飛び込んでくるのはハードボイルド小説に入れ込んでいる後輩・ハンペー。押しかけ探偵助手となった彼と手分けして、というよりはまったくすれ違いつつ、事件を追っていくのだが。

いかにも軽そうなハンペーが実は意外な行動力を発揮、またヨレヨレに見える紺屋は意外な推理力を発揮。そして当初は無関係と思われた二つの依頼が接近遭遇していることが明らかになっていく。

紺屋とハンペーのデコボココンビのすったもんだが笑いを誘い、依頼人やその紹介者である地元の住人、主人公の妹夫婦、などなごみ系の脇役がいい味を出していて、全体としてはコージー・ミステリ風の展開。しかし終盤に向かうにつれてしだいに怖くなってくる。特に最後の決着は怖いです。

コージー風だけどどうも怖い、というのは「春期限定」「夏期限定」と続くスイーツシリーズもそうだった。まあコージー・ミステリと呼ばれるものはおしなべて実は怖いのである、とも言えるわけですが、この人の作品はそこからもちょっとずれている感じですね。

タイトルがある意味そのとおりなのがまた可笑しい。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー