2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな時代もあったとさ
何か調べものをするときは、ネットを使うことが多いです。医療に関すること、専門的なことは本を調べることも多いのですが。

新聞は情報量が多いようでいて肝心なものがなかったりするし、テレビは例外を除いてエンターテインメントしかない(というかエンターテインメントですらないものもある)し。インターネットはゴミ情報も山ほどあるけれど、調べたいことがはっきりしていればやっぱり便利。

で、あちこち見て歩いていると、また思わぬ拾い物をすることもあります。
今日はこんなページを見つけました。
失われた子ども天国

感謝といたわり 満ちあふれ

もともとは東京新聞の連載のようです。

かつての日本の社会が、こどもに対していかに寛容であったか、その中でのびのび、生き生きと過ごしていたこどもたちの姿を、外国から来た人びとが驚きをもって書き留めていたことが示されています。

こんな時代もあった。
文中何度か引用される、渡辺京二さんの「逝きし世の面影」は大部の本ですが、読んでみたくなりました。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。