2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S&Gはけっこう深い
先日、NHKのBSで洋楽ナツメロみたいな番組をやっていて、サイモン&ガーファンクルの歌が何曲か歌われていました。私なんかはリアルタイムで聴いていたので、英語字幕が出るのがよかったです。

それにしても、そのころ(20才前後)には気づかなかったんですが、けっこうS&Gの歌詞って「深い」ものがありますね。「コンドルは飛んでいく」なんかも、「飛びたい、けど飛べない」という、"If I only could"というあたりとか、"Sound of Silence"の"People hearing without listening"とか、ああそういう意味だったのか、などとあらためて思ったりします。

そういう意味では「英語」もたんに「言葉の知識」だけじゃだめなんでしょうね。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。