2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
助産師は産科医を代行できる?
小児科医も足りないけれど産科医も足りない・・・とは、最近よく聞く話。とくに、地方の病院では深刻なようだ。
で、助産師さんを活用しましょう、という動きがある。
正常な妊娠分娩は助産師さんに担ってもらいましょう、というわけ。

地方の行政や病院がそういう方向で動き出している、ということがときどき報道される。
助産師の団体もそれを歓迎しているらしい。それから、お産について考えたり情報交換したりしている市民グループも、好意的、というかその方向性を強めてほしいふうだ。

でも、それって、それでいいのか?と思う。助産師と医者の業務って、代替できるものなの?
もちろん、妊娠や分娩の経過が順調なかぎりにおいて、医者の出る幕は本来ないと言ってもいい。実際、正常分娩は助産師にほとんど任せてしまうという病院は珍しくないと思う。
しかし、何かあったときには、助産師では対処できない。医者は「何かあったとき」のためにこそいるのだ、と言うこともできる。

お産は何が起きるかわからない。順調にお産がすんだと思いきや、出血が止まらない(弛緩出血という)こともある。子宮が裏返っちゃうなんてことにも出会ったことがある。お産が途中で進まなくなり、胎児の心音が落ちて緊急帝王切開、なんてこともある。臍の緒が先に出てきてしまうという危機的状況もある。
そういうときに、産科医がいない、いてもひとりしかいない、ではどうにもならないじゃないですか。

助産師の助産師としての能力の活用を、というのはいい。
でも、医者が足りないからかわりに助産師を、というのは、違う、と思う。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

はじめまして

アクティブバースの体験と関心を持っている者です。

私は、基本的に仰臥位(仰向け)分娩さえ産婦に強要しなければ、健康な人のお産は助産師がいれば十分と思っています。

私は助産院で助産師と夫に付き添って
もらい(提携産科病院はあるが、産室に医師は不在)2回の出産を経験し
ました。
体質的に産後出血が止まり難いのですが、助産師がきちんと対処してくれる
ので、医師が必要になったことはありません。

助産院では自由な姿勢で陣痛期を過ご
し産めるので、体の負担は最小限のよ
うに思います。
恐らく急変も滅多にないのではないかと思います。

病院での仰向け出産は、医師側の
都合(処置のしやすさ)を中心に考案されたもので、産婦の安楽は考慮されない出産体位です。

子宮の裏側には、お母さんの大動脈と
大静脈が流れていて、大きなお腹を上にして仰向けになると、約10Kgの重さで血管が圧迫されることになります。

その結果赤ちゃんに血液が行きにくくなり、血液循環が悪くなります。
そしてそれが心音低下へとつながって
行くのだそうです。

また、仰向けだと子宮頸部(出口付近)が上にカーブしているので、赤ちゃんを天に産み上げる恰好になり、
赤ちゃんの自然な下降を妨げることに
なるのです。
重力(落ちて行く力)にも手伝ってもらって産む方が楽なのです。

実は仰向け出産は産婦にとって
とても不利・危険な体位なのだそうです。
(「分娩台よさようなら」より)

産婦が自由な体位で産めるよう支援してもらえれば、出産時に医師の対処を必要とするようなケースは
とても少ないのではないかと
考えています。

医師はいなくていいというわけではないですが、アクティブバース
(無理の無い自然なお産)を援助できる助産師が沢山育って行ってほしいです。
コメントありがとうございます。
これはとくに対立するものではないと思います。

どんなに少なくても、医師の対処が必要な場合が現実にあり、そのときに医師が足りなければ、やはり問題はある、と思います。

助産師による介助を否定するつもりはありません(現在実際にそれだけの力量のある助産師がどれくらいいるのか、という問題はあると思いますが)。ただ、医師の不足を補う、という発想は、方向が違うだろう、と思うのです。
>医師の不足を補う、という発想は、方向が違うだろう、と思うのです。

そうですね。
それぞれ最終的な目的は同じでも、手段・役割が違いますから、
どちらか一方がいればいいということ
ではないです。
「医師不足を補うために助産師を」というのは安易で短絡的ですね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー