2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
産科医療の危機
妊婦搬送7病院が拒否、出産後に死亡 東京(新聞記事につきリンク切れするかも)

出産間近で脳内出血の症状が見られた東京都内の女性(36)が7病院から受け入れを断られ、出産後に死亡していたことがわかった。手術を受けた病院に到着するまで約1時間15分かかっており、東京都は詳しい経緯を調べている。

 都によると、女性は今月4日、頭痛などの体調不良を訴え、江東区のかかりつけの産婦人科医院に救急車で運ばれた。かかりつけ医は脳内出血の疑いがあると診断し、午後7時ごろから電話で緊急手術ができる病院を探した。しかし、都立墨東病院(墨田区)など7病院から「当直医が他の患者の対応中」「空きベッドがない」などと次々に断られたという。

 かかりつけ医が午後7時45分ごろ、改めて都立墨東病院に電話したところ、受け入れ可能になったという返事が来たため、同病院に搬送。午後8時18分に到着した女性は帝王切開で出産し、脳内出血の血腫を取り除く手術も受けたが、3日後の7日に脳内出血のため死亡した。赤ちゃんの健康状態には問題がないという。

 すぐご近所で起きた、悲しくも残念なできごとです。私のような、日ごろ墨東病院にお世話になることが多い地域の開業医からすれば、「墨東でも産科医が足りなくなっているのだな・・・」と、あらためて暗然とすることでもありました。

 「たらいまわし」と報じたメディアもあるようですが、かかりつけの産科の医師が電話で搬送先を探してもなかなか送り先が決まらなかった、ということであって、いわゆる「救急車のたらいまわし」とはずいぶん状況が違っています。また、搬送先を探し始めてから受け入れ先病院に到着するまで1時間20分弱、というのは、結果的には、それほど「時間がかかっている」というわけではありません。厳しい状況の中で最善の努力はなされたというべきなのではないか、という気はしますし、報道を見る限り、個々の医療機関の対応はやむを得ないものだったと思われます。

 むろん墨東のスタッフ体制が整っていればすぐに受け入れられたのでしょうし、当該の産科から墨東病院までの距離は近いですから、20?30分で着いていたでしょう。その時間の差が患者さんの生死を分けたかどうか、までは、私には判断がつきませんが。

 ここで明らかになったのは、東京都内の大病院で、総合周産期母子医療センターに指定されている墨東病院でさえ、産科のスタッフが不足していたのだ、という現実です。各地で「産科医療の崩壊」が言われていますが、その波は東京にも及んできているのだ、ということの、象徴的な「事件」だ、と思わざるをえませんん。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー