2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おわりのはじまり
 『守り人』シリーズの外伝、新ヨゴ皇国の皇太子・チャグムを主人公とした『旅人』シリーズ(といっても2冊だけ)の2冊め、『蒼路の旅人』。

03016408.jpg

 以下は感想です。
 『守り人』シリーズ外伝という位置づけの『旅人』ものではあるが、この『蒼路の旅人』は、すでに「外伝」というよりは、シリーズ全体の終息へ向かっていく、重要な節目をなしている。『旅人』ものの前作『虚空の旅人』においてサンガルを脅かし、『神の守り人』でもロタ王国の政治に影を投げかけていた、南の大陸の大国・タルシュ。その軍が、ついにサンガルに迫ってきたところから、物語は始まる。

 15歳となり、一人前の成人として政務にもかかわるようになったチャグム。しかし父帝との間には緊張関係が続き、弟皇子トゥグムの成長に伴って、かれらの周囲にはおのずと派閥争いが起きていた。そんな不穏な空気の新ヨゴにもたらされた、サンガルからの救援要請。そこに潜む罠を察知しながら、帝はチャグムを軍船とともに送りだし、あえてそれを受けたチャグムは、捕虜としてタルシュに渡ることになる。

 北の大陸の国々とは異なり、隣接する国々を属国として従え、その民をも施政に組み込みながら領土を拡げてきたタルシュ。海を渡り、山を越える旅を通して、チャグムは異国の風土と文化とに触れていく。チャグムを連行する役割のヒュウゴは、かつてタルシュに併合されたヨゴ国(はるか昔に北へ逃れた新ヨゴ皇家の出自でもある)の出身。彼の行動を危ぶみながらも共に歩む呪術師・ソドクや、やはりヒュウゴに協力するサンガルの娘で船長のセナ、船乗り達、はたまた海の民ラッシャローの出身であるまかないのおばさんなど、それぞれに個性が際立ち、魅力的である。「敵役」というべきタルシュ帝国の王子・ラウルもまた、その誇り高さと優れた資質が、魅力でもあり同時に欠点でもあるような人物として描かれる。このラウルと、チャグムの「対決」が、この一冊のクライマックスといえるだろう。

 強大な帝国・タルシュの前に、新ヨゴを護るためにどのような方途があるか。チャグムの苦悩と決断が、この後の物語を大きく展開させるのだが、それは『天と地の守り人』にひきつがれることになる。そういう意味では、完結していない一冊ではある。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。