2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医療に「採算」を持ち込む愚
 シリーズ第2作『ナイチンゲールの沈黙』が「いまいち」という感じだったので、ちょっと迷ったのですが買ってしまった『ジェネラル・ルージュの凱旋』。これは「謎解き」の要素はごく薄くなっていますが、物語としてはなかなかどうして面白かったです。

03076133.jpg

 以下は感想です。
 東城大学病院を舞台とする医療サスペンスのシリーズ、または、田口-白鳥シリーズ、第3作。前作『ナイチンゲールの沈黙』と、時系列では重なっている。物語のメインキャラクターは、救命救急センターのトップ・速水、あだ名はジェネラル・ルージュ、文字通り修羅場を仕切る指揮官である。

 その速水が出入りの業者から収賄しているという密告文書が、リスクマネジメント委員会委員長となった田口公平のもとに届く。速水と田口、そして放射線科の主・MRIを仕切る通称「がんがんトンネル魔人」島津(このネーミングにはちょっとニヤリとさせられる)は、大学時代の同級生、ともに麻雀にしのぎを削った友人だ。

 案件は高階院長(海千山千タイプの「改革派」やり手)の示唆で院内倫理委員会にかけられることになる。その委員長・沼田(精神科)が、これはまあ絵に描いたような敵キャラクター。手続きにうるさく、空疎な論理にかまけ、無駄な会議を延々と続けて倦まない、その結果新しい発想をことごとく潰しまくる「守旧派」である。速水の「かっこよさ」とは対照的で、作者は「精神科医」に対して何か含むところがあるのだろうか、と思ってしまうくらいの「悪役」だ。

 どういうわけかロジック・モンスター白鳥もオブザーバーとして会議に参入し、空中を舞う屁理屈合戦。一方で一刻の余裕もなく動き続ける救急・ICUの現場。この対比が、作品の骨格とも言えよう。

 速水というキャラ、確かにすごい医者なのだが、こんなエネルギーに満ちた上司がいる現場は確かにたいへんで、ハタメイワクなキャラとも言え、燃え尽きるスタッフも数多いだろうと思えるし、部下の佐藤がキレるのもよくわかる。でも、こういう人は同時にすごく魅力的な上司でもあるのだ。このあたりはどう整理すればいいのか、なかなか難しいなと思う。一方、速水自身も、あなぐらにも似た救急の現場を離れることを望んでいる一面もあるのではないか、とも思わせる場面が随所に出てくる。そんな「きわきわ」のところで成り立っている、「24時間休日も関係なくまわっている現場」の「感じ」を、作者はよくとらえて描き出していると思う。

 厚労省から「天下り」だか「出向」だかでやってきた事務長の、有無を言わせぬ「経営合理化」「不採算部門切り捨て」の圧力。その壁に阻まれて導入できないドクターヘリや死亡時医学検索のシステム。「採算重視派」+「守旧派」vs.「現場重視派」という、まあわかりやすく戯画的に設定された対立の構図とも言える。が、それにしても、事務長が速水にレセプトの「症状詳記」を書くことを迫る場面なんかは、思わず苦笑してしまう。救命救急やICU・NICUの、それこそ「いのち」に追われる現場で行った医療行為(確かに保険点数の高いものが多い)に、いちいち「理由の説明」を(医者自身が)書かないと減額査定されてしまう、という今の保険のシステム自体が、ある意味「お笑い」だし、そんなことに手をとられるならベッドサイドにいたいというのが、医者の正常な感覚だと思うんですけどね。でもこれは実際にあることなんだよね。。。

 最後はおおいに盛上ってカタストロフィ的に終幕へ。ほとんど「推理」とか「サスペンス」の要素はないが、救急の現場の緊張感で十分それは補われている。白鳥の「語り」の中にしか登場しなかった部下・姫宮が登場、よくも悪くもなかなかの活躍をするのも、息抜き的お楽しみ。

(映画化され公開間近なようですが、速水=堺雅人というのは若干イメージにズレが・・・もっとも、白鳥=阿部寛はもっと・・・ですが)
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。