2017/03
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年の成長、そして
 ちょっと間があいてしまった。。。
 「守り人」シリーズの最終章、『天と地の守り人』の第二部は、カンバル王国編。

03046842.jpg

 以下は感想です。

 第一部・ロタ王国編の終わりで、チャグムと再会したバルサは、ともにカンバル王国を目指す。チャグムをつけ狙うタルシュ帝国の刺客と闘いながら。一方カンバルでは、「牧童」たちが、地底の<もうひとつの世界>ナユークに起きている異変を感じとり、危機感をつのらせていた。

 カンバルとロタとの同盟を軸にタルシュと対抗すべく奮闘するチャグムとバルサの物語を主軸にしつつ、長い春を迎える<もうひとつの世界>の動向、新ヨゴ皇国内の動向(都では聖導師の死とシュガの孤立、在野ではここでも<もうひとつの世界>ナユグの異変を見極めようとするトロガイら呪術師達と、慣れぬ戦場のタンダ)をからめながら、物語は展開する。

 チャグムやシュガ、カンバル国王や「王の槍」カームを含めた為政者・支配層の者たちの動きと、牧童や呪術師といった、<もうひとつの世界>をのぞきこむ者たちの動きとは、言わばちがう位相の物語であるのだが、しかし異変は支配層をもまきこまざるをえないものとして、深く静かに進行している・・・

 いつもながら、ほんの少しかかわりを持つだけの脇役たちも生き生きしている。物語のはじめ近く、ロタ・カンバル国境近くの谷で行きあった商人一家と護衛士の親子。バルサとチャグムは彼らに協力して盗賊と闘うが、このエピソードは、最後ちかく、カンバル王との交渉のエピソードにつながる伏線ともなっている。チャグムを助けるロタの密偵たち、鎖国のため故郷に戻れずカンバルで暮らす新ヨゴの人たち、などなど。『闇の守り人』で活躍したカッサとジナ、牧童のヨヨも顔を出す。

 ラスト、風雲急を告げる情勢の中、バルサは新ヨゴへ、チャグムはロタへ向かう。戦の行方はどうなるのか、迫り来る天変地異は・・・

 少年チャグムの成長著しい一篇でもあった。
 
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。