2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
フェーズ4
 4月の小児科学会で奈良に行ってきて、その間更新しなかったら、その後もタイミングを逸したような状態になってしまいました・・・

 いろいろ、書きたいこともあったのですが、その間にこの話題が持ち上がってしまった。

 「豚インフルエンザ」

 人から人への感染が確認され、複数の国に広がっていることから、WHOは新型インフルエンザに関するパンデミックアラートをフェーズ4に引き上げました。フェーズ4とは、新たなウイルスによる限られたヒトーヒト感染が起こり、小さな集団発生があるものの、拡大は大きくなく、まださほど人の間での感染力が強くなっていないと考えられる状況です。

 ずっと、鳥インフルエンザH5N1が注目されており、地域としてはアジアが最多発地域だったのに、いきなり豚、しかも中米?北米とは。

 豚インフルエンザによる人の感染拡大の状況については、WHOのサイト(英語)で更新された情報を見ることができます。国立感染症研究所感染症情報センターのサイトでも、かなり早く日本語訳を読むことができます。厚生労働省が保健所向けにつくったQ&A(暫定版)もわかりやすくてよいと思います。

 27日付けのWHOの情報では、今回の豚インフルエンザによる感染であることが確定された人はアメリカで40人(死者なし)、メキシコで26人(うち7人死亡)、カナダ6人、スペイン1人。今朝のニュースではあと何カ国か報告があったようでしたが。

 メキシコの数が報道されているよりずっと少ないようなのは、ここではあくまで原因ウイルスが特定され確定した患者数だけを数えているからです。メキシコの実情についてはWHOやアメリカCDCの専門家が入って調査を進めているところのようです。

 報道でも言っていましたが、メキシコでのみ何故重症者や死亡者が多いのか?ということがいちばん気になるところではあります。

 
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)