2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
手洗い・マスク
 さて、「新型インフルエンザ」といえども、症状はほぼ通常のインフルエンザと同じ、感染のしかたも同じ(飛沫感染)であることは明らかになってきています。とすれば予防方法も同じ。ということで、まとめてみます。

 まず「手洗い」。最近はテレビなどでもよく放送していますが、わかりやすい(覚えやすい)のはこれかな?



 これだけだと「意味」がわからないですが、要は、

こういうこと↓



 マスクについては様々な「説」が流されていて混乱気味ですが、下記の説明が実際的でよいと思います。

 マスクのリスク・有効性・優先順位

 いちばん大切なところだけ引用しておきます。

(マスクが有効とされる最優先カテゴリー〕
■咳症状のある患者さんにはマスク。これが最優先です。
■体調のわるい人と濃密接触をする医療者。マスクをつける感染予防になることが知られています。
■自宅で看病をする人

〔意味があるかもといわれているカテゴリー〕
■不特定多数の人と近距離で接するような人(コンビニ店員、交通機関、病院窓口など)


 もともとマスクの意味は「うつされないため」よりも「うつさない・広げない」ところにあるので、ふだん元気で持病もなく、咳の症状もない人が、外出するだけのためにマスクをつける意味はあまりない・・・ということですね。

 咳や熱があって医療機関を受診する時は、マスクをつけてくださいね。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)