2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熱中症にご用心
 梅雨があけ、一気に暑くなりました。暑くなると話題になるのが熱中症。とくに最近では、真夏には気温が人の体温より高くなることもざらになっていること、また、高齢化社会でお年寄りの熱中症が問題になることが増えていることもあり、ニュース番組などで頻繁に熱中症予防の話が出るようになりました。

 お年寄りでは、暑さを感じる感覚が鈍っていることや、汗をかきにくい(したがって汗が蒸発して体温が上がらないようにする作用が弱い)こと、身体の水分がもともと少なく脱水になりやすいことが、熱中症になりやすい原因とされています。

 一方、子ども、特に乳幼児も、別の要因から、やはり熱中症になりやすいのです。
 子どもは、汗腺のはたらきが未熟で、おとなと比べて効率的に汗を出すことができません。そのかわり、暑くなると身体の表面の血管が広がって、皮膚全体から熱を発散して熱が上がらないようにしています。気温が体温より低い環境では、これによって熱を効率的に発散できます。しかし気温が体温よりも高いと、逆に、外から効率的に熱せられれてしまうことになります。車の中などで乳幼児がたやすく熱中症になってしまうのはそのためです。

 したがって、子どもの場合、気温が高くなりすぎないように配慮すること、熱を発散しやすい服装をさせること、こまめに水分をとらせることが大切になります。大汗をかいて顔が赤くなっているような場合は、涼しいところで十分に休息をとることが必要です。外出の際は、背の低い子どもはおとなより地面に近いところにいることになるので、照り返しの影響をより多く受けており、おとながよりも暑い環境にいますから、いっそう注意が必要です。もちろんベビーカーも同様です。

 水分補給は「のどがかわいた」と感じる前に、早めに行うことが勧められています。汗と一緒に、水分だけでなく塩分も出ていってしまうので、塩分も適宜補うようにしましょう。とくにスポーツをしている時には、時間を決めて水分塩分をとることが大切です。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。