2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
花粉症や喘息や
 ますます、診療所で診る病気の種類は「春らしい」ものになってきました。暖かい日には花粉症の症状で受診する人が目立ちます。天気や気温の変化が激しいせいか、喘息で調子の悪い人もやや多くなっています。

 こういうときは、今まで喘息を起こしたことがない、という人が初めての発作を起こして来院されることもあります。いつになく咳き込みがひどい、夜寝られない、ぜーぜーと音がする、などのときは、あまりがまんせずに早めに受診してください。発作の状態が長く続いていると、外来の処置ではよくならず、入院しなければならないことが珍しくないからです。

 うつる病気では、溶連菌とプール熱がやや多く、胃腸炎もまだ出ています。胃腸炎のほとんどはノロウイルスのようで、吐いたものや下痢便に含まれるウイルスが手について、かなり簡単にうつります。食べものはじゅうぶん加熱すれば大丈夫です。
 
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)