2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)・江戸川区の助成スタート
すでに区の広報にも掲載されましたが、江戸川区は、HPVワクチン(いわゆる「子宮頸がんワクチン」)接種費用の助成を7月から始めるそうです。対象は女性の中学生(全額助成)と20歳の女性(半額助成)。

中学生への助成についての区のお知らせはこちら。接種票が郵送されます。

当院でも、中学生の方への接種を受け付けます。ただ、ほんとうは婦人科で受けていただく方がいいのかな・・・という思いがあります。子宮頸がんは「子どもの病気」ではなく「成人女性の病気」。診断や治療にあたるのは婦人科の先生ですから、病気についての知識も豊富に持っておられるはずだからです。
思春期を迎えた女性が、自分の身体についてよく理解するひとつの機会でもあると思いますし、「婦人科」という診療科の敷居が低くなる、という意味でも、いいのではないか。だいたい小児科と婦人科では待合室の本の品揃えも違いますからね。

なお、当院での接種は、通常の診療時間内に行ないます。ワクチンの手配がありますので、接種希望日の3?4日前にはお申込みください。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)