2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
ア・ブ・ナ・イ・ホメオパシー
ネットで話題になっているものですが。

ビタミンK不投与で乳児死亡…母親が助産師提訴

山口市の助産師(43)が、出産を担当した同市の女児に、厚生労働省が指針で与えるよう促しているビタミンKを与えず、代わりに「自然治癒力を促す」という錠剤を与え、この女児は生後2か月で死亡していたことが分かった。

助産師は自然療法の普及に取り組む団体に所属しており、錠剤はこの団体が推奨するものだった。母親(33)は助産師を相手取り、約5640万円の損害賠償訴訟を山口地裁に起こした。

母親らによると、女児は昨年8月3日に自宅で生まれ、母乳のみで育てたが、生後約1か月頃に嘔吐し、山口県宇部市の病院でビタミンK欠乏性出血症と診断され、10月16日に呼吸不全で死亡した。


記事の中でははっきり書かれていませんが、この「自然療法」は「ホメオパシー」、「錠剤」はホメオパシーで使用される「レメディ」というものです。記事の中では、これを「助産師が所属する団体は「自らの力で治癒に導く自然療法」をうたい、錠剤について「植物や鉱物などを希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませたもの。適合すれば自然治癒力が揺り動かされ、体が良い方向へと向かう」と説明している」としていますが、ホメオパシーのレメディでは、もとになる物質を非常に高度に(一億倍一兆倍どころかそれ以上・・・)希釈するため、実際はもとの分子は一つも入らないことになります。つまりここで赤ちゃんに与えられた「錠剤」は、実際にはただの砂糖玉です。

溶けやすい砂糖玉だとしても、新生児に固形物を与える、というのもどうかと思います(うまく飲み込めずに窒息する危険があります)が、ここで問題なのは、当然行われるべきビタミンKの補充が行われず、そのためにビタミンK欠乏を引き起こし、おそらく頭蓋内出血を起こして、治療の甲斐なく亡くなってしまった、ということです。

今では、病院であれ開業医であれ、通常の助産院であれ、出生後早期と退院時、1ヶ月のときに、赤ちゃんにビタミンKのシロップを飲ませることは、あたりまえのこととして行われています。ビタミンKは、出血したときに血液が正常にかたまるために必須の物質で、これが足りないと、出血しやすくなり、血便が出たり、頭の中に出血を起こします。これが「ビタミンK欠乏症」です。

腸の中に住んでいる細菌(腸内細菌)がこれをつくってくれるので、私たちは意識して「ビタミンKを摂ろう!」などとしなくても、ビタミンK欠乏症に陥ることはありません。しかし、生まれたての赤ちゃんの腸の中には、まだ腸内細菌叢が育っていません。しかも母乳の中には十分な量のビタミンKが含まれていないことが多く、3ヶ月くらいまでの母乳で育っている赤ちゃんが欠乏症から頭の中に出血を起こし、重症になったり亡くなったりする、ということが、昔はままあったのです。

これを何とかしよう、ということでビタミンKの補充について様々な研究が行われ、確立したのが、現在行われている方法です。この方法はかれこれ20数年前から普及し、赤ちゃんのビタミンK欠乏症は激減しました。まさか、これをあえて行わないなどということが今になって起きるとは、私は思ってもみませんでした。

レメディは砂糖玉ですから、確かに副作用は起こさないでしょう。そのかわり、必要な作用もないわけです。軽いかぜや湿疹など、自然に治る病気について、気持ちを休めるような意味で使う分には問題ないと思いますが、生命にかかわるような病気、薬が薬としての作用を発揮してくれなければ困るような症状に対して、薬の代わりに使うのは、たいへんな危険をはらみます。

ホメオパシーを使うことを「売り」にしている助産師も少なくないようですが、助産師会も、赤ちゃんの生命を扱う医療者の団体として、明確な方針を提示していただきたいものです。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー