2017/03
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新中川を自転車で
ふだんは室内の座り仕事で、どうしても運動不足になりがちです。健康のため、もありますが、気分転換のため、休みの日には散歩をしたり自転車でふらふらしたりします。寒い間は外に出るのもおっくうでしたが、久しぶりに少し暖かかった日曜日、自転車で少し遠出してみました。

江戸川区は坂が少ないので自転車には向いています。道路としては必ずしも走りやすく整備されてはいませんが・・・。今回は、新中川に沿って下流の方へ行ってみました。

千葉街道の小岩大橋から、新中川の堤防へ。堤防の上は歩行者・自転車用の道路が整備され、区の「健康の道」として道標も設置されています。今回は左岸の道を行きました。新中川は橋が多く、松本橋、鹿骨新橋、鹿本橋、と次々に橋にいきあたります。左岸は住宅の合間に畑やビニールハウスが混じる風景。大杉橋は斜張橋でちょっとかっこいい感じ。ここから先は、いったん河川敷の側に降りないと横断できない橋が多くなりますね。
大杉橋を越えてしばらく行ったところにはけっこう広い神社。あとで確認したら新堀の日枝神社のようです。このあたりから両岸にプレジャーボートの係留場所が次々に現れます。京葉道路の一之江橋をこえると左岸には工場が増え、新椿橋、首都高、南椿橋、と立て続けに。春江橋、涼風橋を過ぎて、次は特徴的なかたちの明和橋。こちらに写真が紹介されています。橋のたもとには由来(というほどでもないですが)を書いた石碑も置かれています。どうやら新中川掘削工事に伴って架けられた古い橋で、老朽化したため今の橋に架け替えた、ということのようですね。

明和橋をこえると、瑞江大橋、新今井橋の先は今井の水門です。左岸は旧江戸川との合流があって行き止まりになるので、新今井橋を右岸側にわたって、ここからは右岸を下ることになります。

新今井橋の下流の瑞穂大橋はちょうど工事が終わって新しい橋が開通間近のところでした。併せて道路工事が行われていて、この周辺は迂回路の表示があちこちにありました。瑞穂大橋の下流は少しの間車の多い道を通らねばなりませんが、やがて堤防上の歩行者自転車専用道路への上がり口があります。ここからは旧江戸川の堤防上をずっと下ります。ちょっと狭いですが走りやすい道です。

このあたりからは、屋形船・釣り船の看板も増え、まちのたたずまいも、かつては漁村だったらしい雰囲気が漂っています。神社だけでなく小さなほこらも点在しています。対岸は千葉県。

新川の水門監視所を迂回し、工場の立ち並ぶ妙見島を左に見て下っていくと葛西橋通りの浦安橋。この下をくぐって再度堤防上の道に戻ります。このあたりから、自転車の人もジョギングの人も増えます。東西線の下をくぐってしばらく行くとポニーランドのあるなぎさ公園です。もうちょっと行けば葛西臨海公園ですが、さすがにくたびれたのでここで休憩して、戻ることにしました。

帰路は下の道を行きましたが、ショッピングモールの巨大駐車場の出入口があるため、さほど広くない道なのに車の多いこと。新今井橋を渡ったあとは下におりて鎌田西通りから椿通りへ。瑞江の辺りは新興住宅地の合間に、区画整理途中で歯が抜けたようになっているところがありますね。だいたいいつも区内北部を動いているので、知らない町はきょろきょろしてしまいます。今回はさほど見当違いの方角には行きませんでしたが、道がへんな曲がり方をしていると90℃くらい方向を間違えたりするんですよね。まあ、幹線道路か線路にぶつかれば修正できるんですが。

まだ、梅が少し咲き始めたかなーというくらいの時期でしたが、桜の時期にはけっこうみごたえがあるだろうと思える場所もあちこちありますね。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。