2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
江戸川区でどうするか、を考える
最近は原発事故と放射能のことばかり書いている感じですが、やはり気にしている人は多いので・・・

今日は、じゃあ江戸川区に暮らしている私たちはどう考えればいいのかな、ということを少し。
何度も書いていますが私自身は放射線医学は専門外ですので、あくまで今まで得られた情報に基づいて、書いてみます。

都内でも、自治体で独自に放射線の測定を始めるところが増えています。近隣では葛飾区、足立区がすでに測定を行い公表しています。
葛飾区における放射線量について(6月6日更新)
放射線の調査について(足立区)

江戸川区はどうか、と知人が聞いてみたところ、「都で調べており問題ない」という認識だったそうです。しかし、都が測定している新宿は都内でも放射線量の低い場所で、東京東部はやや高めだ、というのは前のエントリでもご紹介したとおりです。
とはいえ、いくつかのデータをつきあわせても、江戸川区の環境放射線量は年間1ミリシーベルトを少しこえるくらいなので、日常生活をふつうに送れるレベル、と私は考えています。新宿あたりが特別低いだけで、自然放射線量がこの程度の場所は世界中にあるからです。

しかし、一方、場所によっては放射線量が高い、ということはありえます。現在、もともとの自然放射線量に、原発事故の影響でかさあげされている分があるわけですが、これは今はほとんどが地面に積もった放射性セシウムからのものと考えられます。放射性セシウムは、地表から5cm位までの浅いところにたまるということなので、表面の土が風で吹き寄せられたり、雨でたまったりするところにはより多くたまる可能性があるのです。また、地形によっても、たまりやすい場所ができることが知られています。こういう場所を「ホットスポット」といいます。

たとえば、先日、つくば市の専門家の方が精度の高い機器でつくば~取手のあたりを測定した結果をツイッターでつぶやいていらっしゃいましたが、それによれば

@ymorita
地上高1mでの測定では場所によって0.11~0.37μSv/hとばらつきがありました。線量が高めに出る地域は数十mから100mほどの広さでポツポツとまだらに分布しています。


@ymorita
また、側溝の汚泥や道路脇に滞積している砂にサーベイメーターを近づけると、場所によっては5倍から10倍の線量を示すものがあります。雨水の集積効果により、汚染物質が集まってきている場所が散見されます。


ということで、かなり場所によって濃淡があることがわかります。取手~つくばのあたりは全般に江戸川区よりも高いと思われる地域ではありますが、江戸川区内でも同様に濃淡があり、かなり高い箇所もあることは推測できます。

また、他の方の測定報告を見ると、アスファルトより草地、土手の上より河川敷のほうが高いという報告も多く、区内の河川敷は気になるところです。

江戸川区でも測定を行うよう求める陳情の署名が始まっています。
放射能測定の陳情署名活動のお知らせ

これだけではなく、自前で測定器をお持ちの方がおられれば、周囲(たとえば道路上)に比べて高い場所が、公園や河川敷、溝などのところにないか、を調べてその情報を区内で共有するだけでも意義があるのではと思います。土の処理などを現実に考えるとなれば行政や専門家に相談する必要がありますが。

あとは飲食物からの内部被曝をいかに避けるか、ということになります。これについてはあらためて。とりあえず、水道水については、浄水場でチェックされておりずっと不検出ですから安心してよいと考えますが。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

初めまして。
私も江戸川区在住で、放射線量についてはとても気にしております。
先日、線量計を購入しまして、篠崎公園内を数カ所計測してみたり、線量計を持って江戸川のサイクリングロードを北上してみたりしました。
結果、ネットで既出の数字を裏付ける数字が観測されました。金町の数値が高いと言われていますが、それなら北小岩も高いだろうと思いましたが、これがそうでもなく、おおむね0.2μSv/h程度で、篠崎公園内とあまり変わりません。さらに北上すると、松戸近辺から急に数値が上昇し、流山と野田の境の辺りで数値が下がります。
江戸川区内でも、雨樋の下などはびっくりするような数値が出ますが、β線も拾っていることを考えますと、数値自体にはあまり意味が無いでしょう。
江戸川区の職員とも話した事がありますが、行政サイドの悩ましさも伝わって来ました。実際に線量を測定したとして、どうするか?その答えを持ち合わせていないようでした。実際、砂場の砂を入れ替えて欲しいというような陳情も入っているようですが、それをするということは、汚染した砂を入れ替えるわけで、その砂をどこに持って行ったらいいのか?などですね。実際に数カ所の砂場を計測しましたが、実は砂場はかえって線量は低いのですが・・・しかし、相対的に線量が低くても、お母さんは汚染された砂場で遊ばせたくはないですよね。
個人的な考えですが、外部被曝の線量については、あまり神経質になるレベルではないのではないか?と思っていまして、むしろ、如何に内部被曝を防げるか?それも主に食品についての内部被曝を防ぐ事に主眼を置いた方が現実的だと考えています。

私が購入した線量計は中国製ですが、実際に数値を見る限りは、それほどかけ離れた値にはなっていないようですので、もし、ご協力出来るような事があればご近所ですしお声かけください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー