2017/03
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフルエンザの話
今シーズンもインフルエンザの流行が本格的になってきました。東京都では昨年末から増え始め、今年の2週目になって「流行注意報」レベルをこえています。当院でも、中学生や小学校高学年を中心に、だんだん増えてきました。

インフルエンザは、規模の大小はあれ毎年流行る、お馴染みの病気です。しかし、「インフルエンザってどんな症状なんですか?」と質問されることも時々あります。そこで、再度その特徴をまとめてみます。

実際は、おとなならだれでも、インフルエンザにかかったことが一度や二度はあるはずです。寒い季節に、高い熱が出て、のどや頭や節ぶしが痛み、熱はなかなか下がらないし咳はどんどんひどくなるし、ひどいめにあった、という経験はありませんか?それがインフルエンザです。現在ひろく使われている迅速検査がかつてはありませんでしたから、そういう時も「インフルエンザです」と断定的には言われず、あまり記憶に残っていないのかもしれません。

「インフルエンザはかぜじゃない」などとも言われます。一般に、いろいろなウイルスがひき起こす、せきやはなみず、時に発熱を伴う上気道炎(のどやはなの炎症)をひとくくりにして、「かぜ」と呼んでいます。インフルエンザの原因であるインフルエンザウイルスも、のどやはなの粘膜にくっつき、その場で増殖して炎症をおこします(身体に入ったその場で増殖して症状があらわれるので、症状が出るまでの潜伏期間は一から三日とごく短いものになります)。この点ではかぜと同じですが、インフ エンザの場合は、ふだん丈夫な人でも、発熱をはじめとする全身の症状が最初から非常に強いのが、ふつうのかぜとちがう点です。

年長の子どもや成人のふつうのインフルエンザは、高熱や咳に悩まされることはあっても、ほとんどの場合は自然に治ります。しかし小さい子どもでは、まれではありますが脳症という重い合併症が起きることがあります。また、体力が落ちていたり持病があるお年寄りや、身動きが不自由な重い障害のある人は、インフルエンザから肺炎を併発して重症になったり、生命にかかわることが少なくありません。
またインフルエンザは感染する力が強く、家族のひとりがかかると次々にうつって全員ダウン、ということも珍しくありません。保育園や幼稚園・学校などの集団生活で蔓延することも多く、職場でうっった、という話もよく聞きます。

うつりやすい理由は、ひとつは感染の経路にあります。インフルエンザでは激しい咳やくしゃみが出ますが、この時、目に見えないほど小さなつばや鼻水のつぶが飛びます。それと一緒に、のどや鼻の奥にいるウイルスが飛んでいきます。せきやくしやみの力は相当に強くて、かなり遠くまでウイルスを飛ばします。こんなふうに空中を飛んで広がるので、口から入る経口感染や触ってうつる接触感染よりも、よりひろがりやすいわけです。

さらに、インフルエンザウイルスは、毎年少しずつ型が変わっていきます。そのため、一度かかって免疫がついている人でも、大きく型の変わったウイルスにはその免疫では十分対処できず、またかかってしまいます。そのため、ふつうのかぜにはかかりにくい年長のこどもや成人も、おおぜいがかかってしまうのです。

先に述べたように、インフルエンザは、ふだん元気な人にとってはそれほど怖いものではありません。しかし、非常に広がりやすく、また身体の弱い人には致命的になることがあります。インフルエンザの流行期を完璧に止めることはまず不可能ですが、周囲にインフルエンザが出ているときは、帰宅時や食前に手をよく洗う、咳やはなが出ているときはマスクをする、など、できるだけ感染の拡がりを防ぐ工夫はしたいものです。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。