2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベッドがない(汗)
ノロウイルスが大流行、というのはニュースにもなっているけれど、実際胃腸炎(嘔吐and/or下痢)の子はあいかわらず多い。ピークはこえたような感じはするのだけれど、二回目、という人も。ノロウイルスは型がたくさんあるということもあるのでしょうね。

一方、RSウイルスもぼちぼち拡がってきている。これは、乳幼児、とくに6か月くらいまでの子ではすぐに細気管支炎になりやすく、月齢が低い子では重症になりやすい。
それで、入院を勧めるケースも増えてくるわけですが、
ベッドがない!

これだけ流行していれば、胃腸炎で入院・点滴になっている子も多いし、細気管支炎の子も集まってくるし・・・なんでしょう。
2週間くらい前から、近隣の総合病院数ヶ所に電話しても「満床」で断られることが増えた。3件も4件も断られ、離れた病院でも何とかお願いして受けてもらうという状況。そうしているうちに30分や40分はすぐ経ってしまうし。

こんな都会の真ん中(いや、はずれか?)で、入院先がないなんて。
いや、片道30分の範囲で紹介先を探そうなんてゼイタクだ?

小児科は急性の病気が多いから、入院患者数の変動も激しい。で、「採算がとれない」というのでどんどん縮小・廃止されてきた。私が新米の医者のころには、その傾向に反対して、ピークに合わせて(ベッド数も小児科の医師・ナースの数も)考えるべきだ、とさかんに主張されていたのだけれど。
それから小児科医になる人もどんどん減って、今はベッドを増やそうにも増やせないでしょうね。

ふう。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。