2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
溶連菌が増えてきた
溶連菌感染症が、まただいぶん流行してきたようです。今日もかなりの人数検査をして、しかも全員陽性。

熱が出て、のどが痛くて、ほかにかぜの症状があんまりなくて、のどが赤い・・・と、溶連菌を疑って検査をすることが多いのだけれど、ここまで陽性率が高いのも珍しい。
つまり、溶連菌とまぎらわしいような他のかぜは少なくて、溶連菌が多い、ってことなんでしょう。

「溶連菌」というと、「出席停止」の扱いになることもあってか、怖がる人が意外に多いのですが、現代においてはそんなに怖い病気ではありません。何しろ抗生物質がよく効きますからね。

抗生物質がなかったり、あっても高価でなかなか必要十分なだけ使えなかった時代には、溶連菌に伴う急性腎炎や、リウマチ熱なんていう病気がまれではなくて、たいへんだったのです。急性腎炎は、後遺症なく治ることがほとんどですが、リウマチ熱は心臓の弁に影響が出ることがあって、やっかいなものだったのです。・・・といっても、私が医者になったころには、すでにそれは過去の話になりつつありましたが。
今では、早期から適切な抗生物質が使えるので、リウマチ熱はほとんどみられませんし、急性腎炎もかなりまれなものになりました。

でも、どうもこのごろ、一時期よりも怖がられているような気がするんですよね・・・
何故なのかなあ?


関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)