2017/03
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Neuromyth
「神経神話」という言葉があるそうです。OECDの造語である"Neuromyth"を直訳的に訳した言葉だけれど、まあ、現代日本の状況に即してもっと意味が通るように訳せば、「脳科学神話」ということになるでしょう。「脳科学という神話」と言ってしまうと、マトモな(真面目な、ハッタリのない)脳科学研究者に失礼なので、「脳科学をめぐる神話」と言ったほうがいいのかな?

衆議院議員の保坂展人さんのブログでたまたま見た言葉だったのですが、興味を持ったので、OECDのウエブサイトを見てみました。

"Neuromyth"とは、脳の研究が進む中で証明されてきた事実を誤って解釈したり、拡大・飛躍させたりすることから生まれた、脳の機能についての誤った理解に対してつけた名である、とこの論文は述べます。何故、このことをOECDが問題にするかというと、それが、とくに現実の教育の場にもちこまれる危険性を、重く見ているからです。

そのため、一般の人たちが、神話を「神話に過ぎない」と見抜くことができるように、現在よく知られている代表的な"Neuromyth"を挙げ、それがどのようにして生み出されたかを、ここで解説しています。「神話」のもとになった科学的な事実と、それがどのように単純化されたり拡大解釈され、誤った解釈が育ったか、を説明しているわけです。

で、その「代表的なNeuromyth」とされているのはどういうものなのかな?と見てみると・・・

神話1:脳は、特定の種類の情報に関して、決まった「臨界期」の間だけ可塑性をもっており、出生後の3年間が子どもの将来の発達と人生の成功を決定づける。
神話2:様々な刺激に満ちた「豊かな」環境が脳の学習能力を高める。
神話3:学習のタイプには視覚型、聴覚型、皮膚感覚型がある。
神話4:われわれは脳の10%しか使っていない。
神話5:バイリンガルに関する神話。
神話6:右脳/左脳神話。

このうち「神話3」は、私はこんなのがあるのは初めて知りました。日本ではあんまり普及していないのではないかしら。これからなのかな?
また「神話5」として挙げられているものは、日本での「バイリンガル」の受けとめ方とは逆で、「バイリンガルであることが言語の習得を遅らせる」というもの。英語(あるいはフランス語とか)以外の母語をもつ旧植民地出身者や移民の子どもが、英語(やフランス語など)圏で育つ場合を、英語(とかフランス語)をもともと母語としてそこで暮らしている人たちから見た見かた、なのですね。だから「バイリンガル」=不利、となる。日本で言うのは、日本語を母語とした子どもが英語圏で育つ場合を、日本語を母語として日本で暮らす人たちが見る見かたなので、「バイリンガル」=有利、と考えられている。

それ以外の「神話」は・・・いやあテレビやら何やらでおなじみのものばかりですね、確かに。

で、このサイトでは、脳科学・神経科学の研究者たちが、それらをひとつひとつ検討し反ばくしています。結局、それらは、「動物実験の限られたデータをそのまま人間にあてはめている」「脳の機能のごく一部についてのみ言えることを、より広範囲な、より複雑な機能にあてはめている」ものなんですね。

たとえば、ものを見る機能や母語の習得は確かに臨界期があるけれど、より高度な、複雑な機能については、もっと遅くまで、ものによっては一生涯、発達することがわかっている。刺激が多い環境ほど学習能力が高まるというのは、ある種の動物実験の結果でしかなく、まだ論議はあるし、人間については証明されていない。もちろん私たちの脳に「使っていない」ムダな部分などなく、だからこそ、脳の一部分を損傷すれば何らかの機能障害があらわれる。「左脳」「右脳」に限局した機能というものは確かにある(言語とか空間認知とか)が、それはごく限られたもので、人間の認知行動はより複雑なもので、当然両方の脳を使っているし、どちらが「優位」とかいうことはない。まして、その人の性格や能力が、どちらかの脳の「優位性」によって決まっているわけでも、説明できるわけでもない。

まあ、ひとつひとつはあたりまえのことなのですが、何か「脳科学の成果によれば・・・」なんて言われると、とんでもなく単純化されたり、飛躍したことを、信じそうになってしまう。

教育なんて、そうそう「画期的」な方法があるはずもないのですけれどね。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の記事
つぶやいてます
リンク

カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。